安心・安全への取組み

● 品質管理システム(ISOシステム)

料理イメージ

 

土持産業株式会社では、品質マネジメントシステム規格である「ISO9001:2015」につきまして、英国認証機関認定審議会(UKAS)の認定を取得しました。 ISO9001:2015は、2015年9月15日に発行されており、組織の持続可能な発展に向けた組織活動の不可欠な部分として位置づけており、組織の全体的なパフォーマンスを向上させるツールとして推奨されています。 また、品質マネジメントにリスクベースのアプローチを採用する一環として、内部及び外部の利害関係者により重点を置くことを求めており、組織が戦略的な決定として、品質マネジメントシステムを採用することを重視しております。 弊社は、品質管理システムの確立・維持・継続的改善を実施し、さらなる顧客満足度の向上を目指して参ります。


防疫管理・安全衛生管理

● 車両・人への防疫の実施

国内における鳥インフルエンザ、口蹄疫など、家畜伝染性病の発生の予防やまん延の防止のため、当社では、全車両にアルデヒド系での消毒を実施、従業員やドライバーに対してもアルコール消毒を行い、防疫強化に努めております。

料理イメージ

● 有害動物の駆除

ネズミ・鳩・カラス等の有害生物による製品及び施設への被害(疫病侵入)を防止するため、専門業者様に協力を得て有害生物防除システムを構築し、衛生管理維持に努めております。

● 低温倉庫

温度管理に必要な商品を保管しております。

料理イメージ

 

● 有害物質混入防止への対応

全ての原材料に関し、安全性が確保されたものを仕入、加工・製造を行っております。また、有害と思われる化学物質は弊社内に持ち込まない様にして、偶発的な混入がない様に努めております。

● サルモネラ菌への対応

サルモネラは、自然界に広く分布する細菌で、牛に感染すると下痢を引き起こすばかりではなく、人の食中毒の原因にもなる公衆衛生上重要な病原菌です。そのため、弊社では植物性、油粕類の原料に関し、定期的に検査を行うとともに、加工工程の結露防止対策、定期的な清掃や消毒を行い、サルモネラ汚染防止に努めております。

● 水質検査

年1回、水質基準の基本的項目(一般細菌、大腸菌、亜硫酸態窒素、硝酸態窒素及び亜硝酸態窒素、塩化物イオン、TOC(全有機炭素)、PH値、臭気、色度、濁度等)を検査し、安定した水質を維持しております。

● トレーサビリティ

原材料の調達から、製造まで追跡可能な状態にしております。

● 安全衛生委員会の設置

労働災害は、労働者及びその家族の生活・人生設計に大きな苦痛と影響を及ぼすものであり、決してあってはなりません。そのために労働基準監督署の指導の下、リスクアセスメントの実施、安全パトロール、従業員によるヒヤリ・ハット体験に対する改善会議、環境測定、雇入れ教育、フォークリフト講習会等、 自社で安全性を向上させる取組を積極的に行っております。